資格取得後の就職先

販売士検定を取得した後の就職先

「小売・流通業界で唯一の公的資格」である販売士は、小売・流通業のみならず、卸売業や製造業、サービス業において販売業務に携わる人にとって幅広い知識を修得するために役立つ資格です。
特に小売業・販売業・流通業に従事する人は、試験を通じて得た知識を活用しやすいでしょう。
販売士検定には1〜3級まで3つのレベルがあり、3級は一般販売員、2級は売り場管理者、1級は経営者クラスを対象としています。

 

就職先はスーパー、小売店、卸売店、商品メーカーなど、流通関係ならどこでも評価対象にはなるでしょう。百貨店のような格式を重視するところではより評価される傾向にあります。

 

一番、難易度の高い販売士1級を取得したとしても、それだけでは就職には少し物足りないかも知れません。中小規模問わず、何らかの店長経験、販売員経験があればこそ効果が発揮される資格です。プラスアルファの資格といえます。

 

就職した後の仕事内容

販売士は小売・流通業界で唯一の公的資格で、3級から1級までの検定があります。
現代では、多様化する商品、消費者のニーズの変化などにより、豊富な商品知識や接客技術、商品陳列のノウハウなど、顧客満足度を高めるサービスが強く求められています。
販売士は、小売・流通業はもちろんのこと、卸売業や製造業、サービス業などで販売業務に携わる方にとっても、幅広い知識を修得するために役立つ資格です。

 

販売士検定・各級の内容と業務レベル

3級 販売員としての基本的な知識と技術があり、 販売業務を遂行できる。

小売業に従事している一般販売員や、販売に関する基礎知識・技術を修得しようとする人が対象。

2級 販売に関する専門的な知識を身に付いていて、ある程度の管理業務を遂行し、部下を指導することができる。

小売業の売場主任、監督者、部課長クラスを目指す人、販売に関する専門的知識・技術を修得しようとする人が対象。

1級 マーケティングや経営の知識が身についている。

大型店舗やデパートの店長など、経営者クラスを目指す人が対象。

※なお、販売士資格は5年ごとに資格の更新が必要となります。

資格取得後の給料

販売士の収入についてですが、普通にスーパーなどに勤務している人と給料体系については大きな変化がないと思ってもらっていいでしょう。
基本的には流通業界で就職した場合には、そのお店の給与システムに準じて給料が出されるということになります。ですからお店によってまちまちというところが現実のようです。

 

しかし販売士の資格を持っていると、それが昇給の要因になることも往々にしてあります。例えば資格手当などが支給される場合もあるわけです。資格手当というのは、特定の資格を取得している場合に通常の給料に数万上乗せされることを言います。もちろん、仕事に関係をしている資格でないといけません。

 

なお、この資格手当と昇給についてですが、かなりお店によってばらつきがあるといわれています。理由として、まだ販売士という資格が広く認識されていないということが考えられています。
ですから販売士として活躍するという場合には、どこに就職するかということも考える必要があるでしょう。販売士という資格に対して評価の高いところも少なくありません。もし販売士の評価の高いところに就職をすれば、給料などの待遇面で優遇されやすくなります。また店長などの昇格のペースも速くなるかもしれません。

 

一方で、販売士へのニーズも高まってきています。ですから現在はまだ、販売士というものに対する認識にばらつきがあっても、浸透をしていく可能性はあります。
ということは、現在ある給料でのばらつきも今後、修正される可能性もなくはありません。

 

全体的にいって、販売士といっても様々な職場がある為、販売士という括りでの平均年収データはありません。参考までに小売業の代表格としてデパート店員の給料収入データを上げておくと、その平均年収は354万円となっています。

 

 

 

就職先での勤務形態

販売士が活躍する職場というと流通業界ということになります。具体的にはスーパーやデパート、百貨店の販売員として販売士を雇うということが多いようです。また小売店の販売員に販売士を雇用するというケースも見られます。

 

販売士としての勤務形態は、そういったそれぞれの職場に準じるのが基本的です。

 

流通業界は土日休みというところは少なく、一般に早番・遅番・日勤・夜勤等、幾つかの時間帯に分けたシフト制をとっているところが多いようです。

販売士検定 合格者の勉強方法

『参考書の熟読が必要』
私は独学で販売士3級を目指しました。勉強方法は、参考書の各科目を読み、各科目の終わりにある例題を解く、という方法を行いました。最終的に1冊の参考書全体を5回繰り返しました。 3級といっても内容は深いように感じたので、すべてを覚えるのは難しいと思い、参考書を読む作業はどんなことが書かれているのか把握する程度にし、例題の解答に重点を置いて勉強しました。 結果的になんとか合格できたので良かったのですが、ぎりぎりでの合格だったので、この方法が良かったのかどうかわかりません。もう少し参考書の熟読が必要だったように思いました。

『こつこつとした努力あるのみ』
私は通信講座を利用して勉強しましたが、今年はほかにはなにも目もくれずただひたすら一つの問題集こつこつ5回見直しました。ただ、何回目を通してもやはり次から次へと忘れていき途中で不安との戦いでした。3級から2級にたどり着けるまで・・今回思ったより高得点、交叉比率の計算の仕方がわかりませんでした百分率変異法がわかりませんでした、もっともっと知りたいことがたくさん出てきました。正直体力的にも精神的にもつらいですがもうひとふんばりします。次は1級、またこつこつやってみたいと思います。

『より確実で効率的 な試験対策』
今回、通信講座の販売士検定2級講座を受講しました。これまで、いくつかの資格試験を経験してきましたので、独学でも十分に合格可能かもしれないと思いましたが、若干の費用がかかってでも、より確実で効率的 な試験対策を行いたいと思い、こちらの教材にたどり着きました。半年前ぐらいから勉強を始めて、通信講座の教材を中心に、他2種類の問題集も使い、勉強時間、量ともある程度確保できたと思います。また、試験の科目免除となるスクーリングを受講したことで、勉強の負担が少し軽減されたことは大きかったと思います。教材は科目ごとにテキスト、問題集が分かれているのが、個人的には少し不便のように感じられました。

 

資格取得のために購入した教材を買い取ってくれるサイトがあります。
  試験に合格して、買った教材がいらなくなった時はこちらに売ってはみてはいかがでしょうか。

 

合格体験記募集中!!

あなたの合格までの軌跡や勉強法を当サイトに掲載させていただけませんか?

 

受験時代にあなたなりに培ってきた受験のノウハウをそのまま眠らせておくのはもったいないことです!

 

体験記を書いていただける方は、下記の形式から送信して下さい。

 

あなたの合格体験記は、きっと、これから受験しようとする皆さんの役に立つことでしょう。

 

 

注意事項をご確認の上、奮ってご応募下さい。

注意事項
  • イニシャルまたはハンドルネームでの掲載となりますので、あらかじめご了承下さい。
  • 体験記の一部について編集、表現の一部を変更させていただく場合がございます。
  • 入力項目は全て必須です。
  • 個人情報はプライバシーポリシーに則り適切に管理いたします。
 また、下記のサイトでは、資格教材の買取も行っておられます。 使い終わった資格教材を買い取ってもらって、これから勉強される方にお譲りするのもリサイクルになって良いですね♪
資格教材買取専門館 TAC、LEC、大原、クレアール等の資格教材買取のお店
資格教材買取ショップ 資格教材を始めとした各種教材買取のお店