資格取得後の就職先

インテリアコーディネーターを取得した後の就職先

インテリアコーディネーターとは、住宅の居住性や機能性、顧客の好みやライフスタイルなどを考え、時代の流れや生活レベルに合わせたインテリア商品の選択、配置、構成などの住空間のトータルコーディネートの能力を認定する資格です。

 

主な就職先としては、インテリアショップ、ショールーム、デパート、住宅販売会社、住宅リフォーム会社、家具・家電メーカーなどの会社では今や必須の資格となっており、提案力やコミュニケーション能力を兼ね備えた人材が重視されています。

 

住宅メーカー ヒアリングからアフターフォローまでの総合的なコーディネートができる

しかし住宅メーカーにインテリアコーディネーターとして採用されるには、キャリアがないと難しい
平日休みが基本。土日休みを希望する人の就職は困難

リフォーム会社 すでに建てられた家を設計部分から改良することが多いので、コーディネートのみならず“建築”の要素がからんでくる

インテリアコーディネーターの資格と実務経験に加え、二級建築士以上の資格が必要となってくる

不動産会社・ゼネコン 会社が扱っている一戸建てやマンションのモデルルームのインテリアコーディネート・相談係を担当

建築前の設計プロジェクトに参加することもある
会社に専任、常駐のインテリアコーディネーターに依頼するほか、随時必要に応じてフリーランスなどの外注インテリアコーディネーターを起用することも多い

マンションディベロッパー 分譲マンションの契約をした顧客に対して様々な付加的サービス業務を行う

設計変更の時に、リフォームや建築の知識、経験のあるインテリアコーディネーターが担当
契約した顧客に対してインテリア販売会を開催し、そこで顧客がカーテンやバルコニータイル、エアコン、照明器具などをまとめて購入できるように手配する

住宅展示場・ショールーム 住宅メーカーと契約を結んだ顧客に対するインテリア部分のアドバイス

設備機器(お風呂やキッチンなど)、内装、外壁などの色や材料を打ち合わせして決定していく

建築・デザイン事務所 インテリアプランをインテリアコーディネーターが手がける

一般的にデザイン事務所に必要とされる最低スキルとして特筆すべきは、「イラストレーター」「フォトショップ」「ベクターワークス」(CADソフト)の3ソフトが使えること

インテリアメーカー・販売店 インテリアメーカー、雑貨店、デパートの家具売り場などでインテリア相談係として働く

接客や販売力、持ち前のセンスが重要になる

設備・建材メーカー メーカーショールームでは商品の実物が展示され、それらの商品に関する豊富な知識を備えたインテリアコーディネーターやアドバイザーが接客

接客の対象となるのはエンドユーザーの顧客である場合もあれば、建築士や施工業者、設備屋など業界人の場合もある

まずは自分の希望する会社へ就職できるように、自分はどんな会社に求職活動をしたいか、そして、自分のどこが強みで、それをどうやってアピールしたらそこに就職できるかなども考える必要があります。
インテリアコーディネーターの資格を持っている人のなかでも、自分はこれなら誰にも負けないといった強い点があると、就職活動をする際にも有利かと思われます。まずは自分の一番強みの点で、会社にはなくてはならない存在になるにはどこかを考えてみましょう。

就職した後の仕事内容

インテリアコーディネーターの仕事は、大きく分けて5つの工程があります。

ヒアリング お客様のインテリアに関する希望や条件を把握する

お客様のライフスタイルや将来設計、好み、要望、予算的な条件などを細かく聞く

プランニング お客様の要望を形にしていく

お客様のリクエストをまとめ、具体的なインテリアプランを立てていく

プレゼンテーション 住宅計画の具体的な提案をする

インテリアプランボード、図面、模型などを使いながら、お客様へプランを説明する

契約と商品発注・納品 商品の発注と納入のスケジュール確認、納品時の配置確認などを行う

インテリア・商品が決まったら、契約作業に移る

アフターフォロー お客様が快適に過ごされているかどうかを伺う

自分が担当したお客様に、なにか不具合が生じていないか確認することも大切

 

資格取得後の給料

インテリアコーディネーターの資格試験を合格した後、インテリア業界に就職した場合の年収は平均400〜500万円くらいだといわれています。この業界でも高い評価の資格なので、建築・インテリア業界の企業の場合だと資格手当を支給しているところでは、一般社員より優遇される場合が多いようです。また設計部門など専門的な仕事につきスキルアップできれば高収入も期待できます。

 

フリーで活躍しているインテリアコーディネーターの収入は、設計事務所や住宅メーカーとの契約、顧客との直接交渉などによって決まってきます。フリーになると住宅ができ上がるまで何度も細かい打ち合わせを行うため外出が多くなり、クライアントへの訪問が夜になることもあり、勤務時間は一般社員より長くなりがちになるという面もあります。しかし、フリーのインテリアコーディネーターは実力次第によって1000万円という高収入も可能になってくるでしょう。

 

フリーの場合は出産・育児の両立が可能なのです。しかしあくまでもフリーは自分で全て営業もかけなければならないので収入が0という場合もあります。

 

企業と違ってどこかの建築会社と連携していたり黙ってても仕事をもらえるようなことはないので自分でネットワークを作り仕事をとってこなければあなりませんが成功すれば高収入が見込まれます。恐らく現在企業でインテリアコーディネーターとして働いている人はいずれはフリーを夢見ていると思います。

 

就職先での勤務形態

インテリアコーディネーターの就職先で一番多いのが住宅関連企業です。
そこでキャリアに応じて、社員、契約社員、派遣社員、業務委託として働くことになります。企業で経験を積み人脈を増やしていけば、独立してフリーで働くことも可能です。

正社員 待遇や給料は安定していますが、休日が不定期であったり、インテリアコーディネーターとしての仕事以外のこともこなさなければならない可能性が高い
契約社員・派遣社員 企業によっては、フレックス制を採用していたり、時間的な拘束がゆるいこともあるが、正社員よりは、収入の面でやや不安定なところがある

しかし実務能力が重要視され、スキル次第では高収入が期待でき、時間的な融通もきく場合も多い

フリーランス 企業と協力して仕事を行う際にも雇用という形ではなく業務提携を結ぶ形が多い

インテリアコーディネーター 合格者の勉強方法

『伸ばした長所で短所を補う』
私が通ったスクールをひと言で言うと、「あきらめずに最後まで面倒を見てくれるところ」です。少人数制の授業でしたので、講師が丁寧に自分のレベルを推し量ってくれました。その上で各自のレベルに合わせて適切な指導をしてくれますので、勉強に対する焦燥感を感じることがありませんでした。自分の得意な問題や分野を伸ばしていくような指導法ですので、勉強に大きなストレスを感じないんです。具体的には、不得意な問題をケアするのではなく、得意な系統の問題を着実に解けるようにし、それによって不得意分野を補うような手法。だから、確実に知識が積み重なっていく手ごたえを感じていました。もちろん試験は一発合格。試験が始まると不安や緊張よりワクワク感のほうが勝り、「早く問題を解きたい」と思えたのが驚きでした。今後は資格を生かして、クライアントに幅広い提案をできる信用力を高めたいです。

『しっかり勉強すれば、何も心配ない』
通信講座で勉強しましたが、図や絵が多いテキストでわかりやすかったです。欄外の所に“ここは重要だ”というポイントが載っていたので、どこを重点的に勉強したらいいのかがわかって良かったです。この欄外のポイントのところがそのまま試験に出た箇所もあって驚きました。教材をしっかり勉強しておけば、何も心配ないと言いきれます。学習はセクションが細かく区切られていたので、1日1セクションずつ、だいたい4〜5ページ進めました。これなら1日でできますし、計画も立てやすかったです。図も多く、最後に要点チェックをやって終わるという感じで、そんなに大変ではありませんでした。

 

資格取得のために購入した教材を買い取ってくれるサイトがあります。
  試験に合格して、買った教材がいらなくなった時はこちらに売ってはみてはいかがでしょうか。

 

合格体験記募集中!!

あなたの合格までの軌跡や勉強法を当サイトに掲載させていただけませんか?

 

受験時代にあなたなりに培ってきた受験のノウハウをそのまま眠らせておくのはもったいないことです!

 

体験記を書いていただける方は、下記の形式から送信して下さい。

 

あなたの合格体験記は、きっと、これから受験しようとする皆さんの役に立つことでしょう。

 

 

注意事項をご確認の上、奮ってご応募下さい。

注意事項
  • イニシャルまたはハンドルネームでの掲載となりますので、あらかじめご了承下さい。
  • 体験記の一部について編集、表現の一部を変更させていただく場合がございます。
  • 入力項目は全て必須です。
  • 個人情報はプライバシーポリシーに則り適切に管理いたします。
 また、下記のサイトでは、資格教材の買取も行っておられます。 使い終わった資格教材を買い取ってもらって、これから勉強される方にお譲りするのもリサイクルになって良いですね♪
資格教材買取専門館 TAC、LEC、大原、クレアール等の資格教材買取のお店
資格教材買取ショップ 資格教材を始めとした各種教材買取のお店